出合い系サイトの活動法(1)

  • 2017.01.13 Friday
  • 03:33

出合い系メール実践術 

 

(出会い系サイトの歩き方様より)

 

短文メールはNG。

 

相手に送る最初のメール内容にこだわる。


出会い系サイトはメールのみでやりとりするというだけあって、最初のファーストメールでどんな人か判断されてしまいます。

単調で短いメールは基本的にダメなんですが、全部が全部長いメールではならないわけでもないです。

使い分けが重要です。基本は下ネタNGで紳士に徹するべきですね。

気になる女性を出会い系サイトで見つけたら、メールをしてコミュニケーションですが、先ほど述べたように1番最初のメールが、最も肝心と言えます。

出会い系利用者数は、男性の方が多いので、実際に会う時や写メを送る、危険度やリスクが女性の方が高いです。

自然女性利用者の方が少ないのです。ですから、女性の書き込みへメールを送る方が、逆のケースに比べて、返事をもらえる確率が低いと言う事になります。

最初のメールで気に止めて貰えるメールでないと、何も始まらないどころか、返信すら来ません。

では最初のメールで気に止めて貰うには、どんな書き方をすれば良いのでしょうか?

先ず短文はいけません。自分の言える範囲での自己紹介と、その女性への意思表示を伝えます。


 最初のメール

初回メールはある程度の長文が好ましく、決してコピーの使い回しが、分かるようなメールにならない様にして下さい。

ある程度の長文には成っても、極端な長文には成らない様に。誠意が伝わり、好意を持たれる文面を心がけましょう。

もしも写メが添付可能なら、写メも一緒に送ると、更に返信率は上がるでしょう。

外見よりも、確かに1番大切ですが、外見は全く関係ない・・・というのは綺麗事であり、女性の側だって多少は気にする物です。

それに相手の姿を見ることは、安心感にも繋がり、女性ならではのリスクへの恐怖感を、薄らがせる効果もあります。

最初のメールに関しては、以上を行えば、返信率はほぼ上がるでしょう。

それ以降のメールについては、あまり頻繁に送り過ぎないように・・・だからといって、送らなさ過ぎるのもいけません。

女性は追いかけ過ぎると、逃げたくなるようです。

 
会うまでのメール

会うまでのメールは、3〜10通位にしましょう。。

あまりがっついてメールのし過ぎで、逃げられないように。

逆に相手にメールを待たせる位の方が、上手くいくでしょう。

 

交わすメールの内容

交わすメールの内容は短文を避け、3〜7行位のメールが程よいでしょう。

ただ、相手が悩みなどを相談してきた場合は、しっかり長文で誠実に返しましょう。

 

 

  

 

コメント
コメントする